MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

ジンクス

| 0件のコメント

ジンクスって、早い話が、ゲン担ぎというか
占い いや なんとかなく、そういう感じのことを やると ついてないっていうやつ。

最近だと、ダイソンの掃除を買って以来、相場でのツキが落ちていて、職場の某氏には、ダイソン、つまり大損パターンかって言われる始末。なんとなく、縁起でもないが、当たっている。ダイソン自体の掃除機は、値段が高いが、よく関心するぐらい、ゴミを吸い取ってくれる。

これは、自分で買うべきものではなく、隣の曲がり屋の某氏に買ってもらって、プレゼントしてもらったら、大損する目に会わないのかもっていう、裏技的思考だ。

それと、高槻市の某氏とも言ったことがあるが、ウェーブで、言葉の最後にwってつけている人って、相場で負ける気がするって。通称、身内では、Wの悲劇とよんでいたりする。

単に、楽観的思考で、何も考えてない人が、Wってつけるのだろう。

真昼間から、おかみが許可した公設取引所で、天下御免の大博打をやっている
早い話が、白昼夢を見るオポチョニスト、楽天家だ。

あと、相場師で、嫌うのが、曲がるっていう、つまり損をする、相場が当たらないっていうので
曲がっているエビを避ける人もいる。1匹だと、ダメで、2匹、偶数だと、曲がる曲がるで、大丈夫っていう自己解釈をしている人もいたりする。

以前、商品相場の東京アルミで、注文を逆に入れてしまって、執行してから気が付いた。
売りと買いが、逆に入っているって、、、。
やば、、、って見たら、速攻で、利益がでていて、複雑な気持ちになってしまった。
正常に注文を入れていたら、速攻で、損失を抱えていたというわけだから
もちろん、その注文は、すぐ手じまいして、でも利益はでました。

曲がっている人の手の逆を行く、人目張り じんもくばり っていうのが
結構、良いかも、市場では、ほとんどの人が、損をする。

なぜかというと、儲かっている人と、損失を出す人の割合は、かならず損失を出す人の方が大きい、儲かっている人の手数料、税金などは、損失を出す人が、負担するからだ。

麻雀、トランプもそうだが、手札を見せない。ゲームって、自分の手の中をさらす人は、いないだろう。相場も同じで、わざわざ情報を流す人は、価格を誘導させたい仕手筋とか
相場では儲からないからセミナーで利益を上げようとしているとか
が多い気がする。

いや、某先生みたいに、絶対的な確率で、損をする人とか、逆の意味、やってはいけないパターンで、参考になる人もいるが

あと、トレードのシステムは、普通は、公開しない。どうしてかというと、相場をやっていたら今日の友は、明日の敵って感じで、生き馬の目を抜く市場では、競争相手になるから、その相手より有利なシステムを持っていたほうが楽に勝てるから、どういうシステム使っていますのじゃっていう人は、あんまりいない。実際の戦争も同じで、保有している武器のスペックを敵に教えるなんてことはしない。軍事機密になっている。

だから、ほとんどの人は、どういう機材を使って、どういう取引をしているのかというと、口が重くなる。

綱引きをしながら、椅子取りゲームをする訳だから、市場は、大変な状態になるということだ。

それと、未来を考えるっていうのは、やはりやめたほうがいい。
未来は、誰にもわからないし、未来は、創造したほうが幸せになれると思う。

相場やっていて、考えているときって、大抵は、ロクな目に合わない。なぜかというと
そんな時は、大抵、損失を抱えていて、どうしようか、悩んでいる。つまり考えていることが多くって、考える暇があるんだったら、まず仕切って一度、市場から離脱してからゆっくり反省なり、考えをまとめないと、そういうパターンになると、考えている間に、どんどん損失が膨らんではまるパターンになるからだ。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。