MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

Time Machineは信頼出来ないのか?

| 0件のコメント

Macを使っていて、OSについてくるバックアップ機能に、Time Machineっていうのがある。
それを使っていると

Time Machine によるバックアップの検証が完了しました。信頼性を向上するために、新規バックアップの作成が必要になりました。

って、でてくることがある。ちなみに、外付けのUSBハードディスクでバックアップしていても。
えっ、バックアップのデータが、破壊されているんじゃって、不安になるだろう。

実際、すぐ新規のバックアップを取るか、後でするかの二者選択しか選べない。

これって、過去の履歴データが、すべてすっ飛んでしまうということなのだ。つまり、差分のバックアップデータを放棄して、新規でバックアップの作成し直しってことで、なぜこの現象が起こるのかというと
バックアップデータが壊れているからで、それを直す方法ももちろん存在する。

Fix Time Machine Sparsebundle NAS Based Backup Errors

バックアップのサイズによりますが、かなり数時間は、時間がかかります。作業中に、Macがスリープしないように設定を変更しておいてください。

1。Time machineのバックアップに使っているドライブをファイル共有でマウント。
2。sparsebundleのアイコンに鍵がかかっている場合、まず変更不可フラグを解除
sudo chflags -R nouchg /Volumes/{ドライブ名}/{マシン名}.sparsebundle
3。バックアップイメージを接続
hdiutil attach -nomount -noverify -noautofsck /Volumes/{ドライブ名}/{マシン名}.sparsebundle
実行すると以下のような
/dev/diskx Apple_partition_scheme
/dev/diskxs1 Apple_partition_map
/dev/diskxs2 Apple_HFSX
メッセージが出る。

diskxのxの所は接続されているディスクの数に応じて一桁の数字が入る。

以下、diskxとあったらxはその数字に置き換える。

4。fsckコマンドでファイルシステムを修復

fsck_hfs -drfy /dev/diskxs2

(何時間かかかるので放置)

数度のチェックと修復の後、

** The volume Time Machine バックアップ was repaired successfully.

のようなメッセージが出たならば無事修復できている。

5。バックアップイメージを接続解除

hdiutil detach /dev/diskxs2

6。TimeMachineのフラグを訂正

/Volumes/{ドライブ名}/{マシン名}.sparsebundle/com.apple.TimeMachine.MachineID.plist

を、テキストエディタかplistエディタで以下のように編集。

<key>RecoveryBackupDeclinedDate</key>

<date>{日付}</date>

の二行を削除

<key>VerificationState</key>

<integer>2</integer>

<key>VerificationState</key>

<integer>0</integer>

これで再びバックアップとして認識されるはずです。

正直、Apple製品は、基幹業務に使うのも、問題があるかもっていうのを何回も実は、経験している。
もっともWindowsもそういうことが結構あったりで、完璧というシステムって、なかなかないのだが、うまく使い分けるしかないのかも。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。