MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

Windows を 超高速仕様にチューニングする方法

| 0件のコメント

株取引とか、FXやっていて、相場は、経済戦争で、早い話が、ババ抜きをしながら、椅子取りゲームをする感じで、他人を出し抜くには、同じコンピュータを使っていても、スピードが速いと、やはり勝負が変わってくる。

まさに、昔のどっかの会社のCMで、速さは力ってあったが、その通りだと思う。

Windowsシステムで、設定の変更で、高速化するとしたら、やはりサービスた。
つまり不要で、使わないものは、切る。

最新版のWindows10以外にも
WindowsXPもそうだし、WIndows7、Windows8も基本的に同様。

スタートを右クリックして、コントロールパネルを開いて、管理者ツールをひらく。
その中に、サービスがあるから、それをクリック。

そうすると、サービスの一覧が表示されるので、不要なサービスを起動しないように無効化していきます。

例えば、ほとんどの人は、使ってない。マウスで使っている人もいるかもしれないが
私は、Bluetooth機器を使用しないので無効にします。

Bluetooth Handsfree Service
Bluetooth Handsfree Serviceをダブルクリックすると
スタートアップの種類ってでるので、無効にします。

そんでもって、サービスの状態っていうのが、現在の実行状態を表示しているので、停止を確認。

Bluetooth Support Service も 同様。

そんな感じで、無効にしていきます。ただ、Bluetooth関連はオフにしても接続確認のためのポーリング処理が減るだけで、そんなに効果はないですが、チリも積もればです。

Diagnostic Policy Service
Diagnostic Service Host
Diagnostic System Host
Diagnostic Tracking Service

これはWindowsが正常に動いているかなどの自己診断関連のサービスです。
依存するサービスは診断関連です。私は、必要無いので、無効にしています。

Fax
これは完全に必要ないのでFaxのサービスも無効。

仮想マシーンを使う場合のサービスです。
Hyper-V xxxxxxxxxxxxxxxxxx
Hyper-Vとつく項目が8つありますのでこれも無効。

リモートデスクトップ関連
Remote Desktop xxxxxxx
Remote Desktopとつく項目が2つあるのでこれも無効。

リモートレジストリ
Remote Registry
これはセキュリティの観点から無効。

リモートアクセス関連
Routing and Remote Access
リモートでの作業をしない方は無効。

VPN関連
Secure Socket Tunneling Protocol Service
VPNは使用しないので無効。

センサー関連
Sensor Data Service
パソコンやタブレットにセンサーがついていて使用している人は無効にしてはいけません。

Sensor Monitoring Service
センサーのモニタリングを無効にするので環境光センサーなどがついたパソコンやタブレットでは自動輝度調節が使用できなくなります。

Sensor Service
上記2つのサービスを管理するサービス。
必要ない方は無効。

Smart Card
カード認証を行わないなら無効。

Smart Card Device Enumeration Service
スマートカードのエミュレーション機能。使用しないので無効。

Smart Card Removal Policy
スマートカードのポリシー設定サービス。使用しないので無効。

Telephony
ビジネスフォンなどを制御する場合必要。無効。

Touch Keyboard and Handwriting Panel Service
タッチキーボードや手書きパネル関連なので無効。
タブレットなどは無効にしないこと。

Windows Biometric Service
生体認証は使わないので無効。レノボのノートで、生体認証している人は、無効にしてはいけません。

Windows Media Player Network Sharing Service
Windows Media Player使用してないので無効。

Windowsモバイルホットスポットサービス
使用しないので無効。

Xbox Live関連3つ
すべて無効。

市販デモサービス
市販PCのデモ用設定をするサービス。売り場用デモPCではありませんので無効。

Windowsも、10になって、機能が増えた分、サービスも増えていて
機能が増えるということは、遅くなる原因のひとつになってしまってます。

それだけ、マシンのパワーを食らって、最小構成のマシンスペックがあがるわけです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。