MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

Mac で、ディスク容量が足りなくなったら

| 0件のコメント

Macを使っていて、特にノート型のAirとか、SSDで、ディスクの容量が少なくって、はまる。

大抵の原因は、二つあって、まず、iPhoneとか、iPadの母艦としてつかっていて、つまり、バックアップをMacで取ったり、写真を読み込んだりすると、あっという間に、ディスク容量がなくなる。

そこで、外付けのハードディスクなどを買ってきて、大量に消費する原因のデータを移すことになるが

原因のひとつで

iPhoneを接続すると、iTunesが立ち上がり、バックアップデータとかは、どこにあるのか
移動して、問題はないのか、移動をさせるには、どうすれば良いのかというと

Finderを開き、「Macintosh HD」→「ユーザ」→「(ユーザー名)」→「ミュージック」の中に、「iTunes」フォルダがあります。

このiTunesっていうフォルダーを、外付けのハードディスクにコピーします。完了後、元のフォルダーを削除します。そうしないと、せっかく移動させたつもりでも、ハードディスクを占有したまんまになります。

iTunesを開くときに、optionキーを押しながら、iTunesを起動させます。
そうすると、iTunesライブラリの選択画面が表示されます。
「ライブラリを選択…」を選び、コピーした外付けHDDのフォルダを指定します。

もう一つの原因として、写真ライブラリ も でかくなります。
最新のMacでは、

Finderを開き、「Macintosh HD」→「ユーザ」→「(ユーザー名)」→「ピクチャ」の中に、「写真Library」フォルダがあります。

それも、外付けのハードディスクに、iTunesと同じように移動させます。
そんでもって、写真アプリを起動するときに、optionキーを押しながら、写真アプリを起動させます。
「ライブラリを選択…」を選び、コピーした外付けHDDのフォルダを指定します。

ついでに、アプリを起動したら、写真、環境設定、システムフォトドライブとして使用を押します。

で、私が、最近買った外付けのハードディスクは、Transcend Thunderbolt対応 USB3.0/2.0 ポータブルHDD StoreJet for Mac 2TB 3年保証 TS2TSJM300で、メチャクチャ、速いです。

USBと違って、Thunderboltは、10GB/sでますから、USB2.0と比較して、鬼のような速さです。

IMG_7793.JPG

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。