MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

下剋上 正岡史

| 0件のコメント

正岡氏の歴史で、下剋上って、ある。戦国時代

「伊予二名集」『日本城郭全集』によると、天正7年(1579)家老鳥生石見守は、鷹ヶ森城主越智駿河守と誄って、正岡右近太夫経政を討ちとって来島氏の旗下に属さんと陰謀を起こした。

ところが実行にうつさないうちにこのことが右近大夫の耳に入った。右近大夫は、別宮修理大夫父子および甥縫殿助の三人に石見守を討ち取るように命じた。密謀が露見したとも知らぬ石見守は、すっかり油断して城中にやってきたところを、三人は討ち取り、さらに石見守の屋敷を囲んだ。石見守の妻子は変事をきいてすぐに逃れたが、修理大夫らに鬼原境あたりで追いつかれ、石見守妻子等五人を討ち取った。
それを供養しているのが、鬼原「五人衆聖霊堂」になる。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。