MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

正岡家の名前について

| 0件のコメント

正岡家の名前について

古文書とかを調査すると、戦争するときは、小千 オチ と名乗っている。
つまり小千の皇子 という訳だ。ちなみに、初代の正岡経孝の場合も、古文書の戦争の記録では、小千経孝 と記載されている。

現代の日本人は、氏名 つまり うじ みよじ と 名前 2つ書くが
武家は、さらに複雑で、姓 かばね を持っている。
正岡家の場合は、姓 は 小千 おち
氏姓 は、越智宿禰 になる。 おちすくね

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E8%89%B2%E3%81%AE%E5%A7%93

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%BF%E7%A6%B0

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%8A%E6%99%BA%E6%B0%8F

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%8F

中世

平安時代の貴族や武士では、血縁集団を区別するための(ウジ)とは別に、家族集団を区別するために家名ないし苗字を名乗るようになり、それが一般的に通用するようになる。例えば源氏の中のある家系は足利という苗字を称し、別の家系は新田の苗字を称した。つまり足利も新田も、血縁集団としては同じ源姓の源氏だが、家族集団としては足利家と新田家と別個に分かれた。時がたてば、足利も新田も家族的規模からより大きな氏族的規模となり、そこからさらにまた家族集団が新しい苗字で別れていった。

近世

江戸時代までは、朝廷の公式文書には(ウジ)と(カバネ)を記すのが習わしであった。姓(カバネ)が朝廷との関係を表す。例えば、源氏を自称した徳川家康の場合は「源朝臣家康」と記した。「源」が氏(ウヂ)で、「朝臣」が姓(カバネ)である。ただし、平安時代の頃から、氏(ウジ)と姓(セイ)とは同じものとされるようになり、例えば「源」は姓=氏とされた。姓(氏)と名字(苗字)との違いは、姓=氏が天皇(朝廷)から賜ったものであるのに対し、名字は自らが名乗ったものであるということである。例えば、足利尊氏の場合、姓(氏)の「源」を使った場合は「源尊氏」であるのに対し、名字(苗字)の「足利」を使った場合は「足利尊氏」である。

近代

明治時代においては、まず1870年に、それまで身分的特権性を有していた苗字を平民も自由に公称できるようになり、苗字の特権性が否定された(平民苗字許容令)。つまり明治以前までの、姓(氏)と、名字(苗字)の二重制度が廃止され、姓(氏)=名字(苗字)として一元化され、自由に名乗れることにされたのである。

氏姓とは、何かというと、古代日本で、朝廷から氏の名と姓を授与された、世襲制度なのだ。はやい話が、名前の一部ってことだ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%8F%E5%A7%93%E5%88%B6%E5%BA%A6

そんでもって、親から次ぐ名前、通字 つうじ っていうのもあって
江戸時代の将軍家も、親の名前の一文字をとってっていう感じで

正岡家も、そういう家もある。そういう家の方針って、古い考えの家もあるわけだ。

という私も、親からの通字を受け継いでいる。「孝」がそうだ。

後、「重」「経」とか、家によって、通字が、さまざまになっている。

後、家によっては、朝廷の役職、紀伊守 きいのかみ  丹後守 たんごのかみ とか、名前の一部になっている。

ニューヨークで、正岡の歴史を翻訳してくれているマイク正岡さんのお孫さんは、忠実に、今の和歌山県って注釈してくれて、最初、意味不明だったが、そこまで、深いような感じではなくって、単なる役職ってノリです。

ちなみに、源義経は、伊予守 やってました。官位 役職ですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E7%BE%A9%E7%B5%8C

そのおかげもあって、愛媛県の大山祇神社は、義経の甲冑とか弁慶のなぎなたとか、あります。

http://matome.naver.jp/odai/2141492428433818501

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。