死中に活を見出さねば、この包囲を突破することはできない!

日経オプション取引では、まさにこれ!

普通の神経していたら、とても取引できないぐらい、激しく価格が変動します。
2日ぐらいで、4倍になったりするのは、当たり前で
一日で、半分の価値になるなんて、当たり前なんです。

それで、今日の教訓は
「死中に活を見出さねば、この包囲を突破することはできない!」

宇宙戦艦ヤマト2199 第15話「帰還限界点」ですが

今日、その知り合いは、104万近く儲かったのだが
手法は、金曜日にSQになるオプション
コールオプションを大量買い
たった1日の勝負っていうやつ。

まさに、死中に活を見いだすっていうのは、このことかもしれない。

資産増加の法則

某国にキャピタルフライトしてからの
資産増加のグラフ

途中、1回失敗しているが、順調良く、増加中
利殖というか、アインシュタインが言った人類最大の発明って「複利」だが
このグラフだけではなく、元のデータを眺めていて気がついたことがある。

まず、資産が増加する際に、初期の時、後に進むにつれて
その加速的なスピード、資産増加の比率が、大きくなってくるということだ。

一つ内側の数字
例えば 45 から 46 47 48 と、段階を追って増加するが
45.0 45.3 45.6 45.9
と4か月かかっているが
46.2 46.4 46.7 46.9
47.2 47.5 47.8
48.2 48.5 48.8

と加速的に増加しているのだ。つまり、段々とどまっている期間が短くなっているということ。

投資手法は、細かくは書かないが、金利に投資している。
これ、逆に、金利を払う側だと、大変なスピードで借金が増加するということになる。

金融の恐ろしい所は、支払う側に立つのか、受け取る側に立つか
立ち位置が変わると、恐ろしいことになる。それが、貧富の格差社会なんだなと実感する。

マウスの寿命についての考察

マウスがおかしくなるのは、大抵は、ボタン。
1回クリックがダブルクリックになったり
クリックして範囲指定が、おかしくなるとか

マウスがチャッタリングを起こす。

このマウスの寿命、特にスイッチの寿命は

マイクロスイッチ オムロン D2F-01F
電気的耐久性: 10万回以上(30回/分)
機械的耐久性:100万回以上(60回/分)

1分間に1回クリックして、毎日8時間使うと

10万回/60分/8時間/365日 = 0.57

電気的耐久性は、1年も持たないということになります。

で、マウスを修理する場合は、マイクロスイッチを、接点復活剤を使う。

https://amzn.to/2IkqKWi

マイクロスイッチ自体を交換する

https://amzn.to/2txbz6K

漢字文化の凄い所

漢字って象形文字から来ているので
見れば、大体何か想像できる。

先日、銀行屋さんが、こうむぶにいましたっていっていたので

私は、??? 「こうむぶ」って、地名があるのかと思っていた。
大抵、支店が、区分けされているので

こうむぶ支店 つう所にいたんだって思ったら
それが、大手前支店は、こうむぶの中にある
っていわれて、更に ???

その こうむぶ っていうのは、場所はどこにあるのか聞くと
備後町 本店の中 と言われて
ますます???

https://resona-map.jp/detail.php?id=464

それが、漢字で書くと一発で、理解出来ました。

公務部 つまり、公務、役所相手の専門の部署ということで
主に公金取扱事務などを担当する役所相手専用の支店です。

ですが、某銀行のHP上で店舗・ATM検索をすると「該当する店舗名称がありませんでした。
条件を変えて再度検索してください。」と出てしまいます。

店舗検索をしてもでないから
これは、怪しい特殊な事をやっている支店に間違いないって思ってました。
NSAか、CIAみたいな、普通ではない、感じが、ぷんぷんすると

結果は、法人営業部みたいな感じで、役所専門だということでした。

MASAOKA:アベノミクスは、継続中!!【FISCOソーシャルレポーター】

https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180503-00934003-fisf-market

執筆させて頂きました。

※2018年4月21日19時に執筆

この所の様々な市場をみると、商品市場ではアップトレンドが継続。スーパーなどの小売りでも価格上昇が見られているように思う。穀物、貴金属、エネルギーともアップトレンドが継続中。日銀が掲げている、インフレ誘導は、成功しているように思われる。

テクニカル分析では、日経平均は一目均衡表(日足)の基準線が、陽転してアップトレンドが継続されている形になっている。また、金融株セクターもトレンド継続という動き方をしていて、アベノミクス継続っていう感じになっている。

今回はイレギュラー的なのかもしれないが、1月23日を天井とした今回の下げは3月26日が目先の底となっていて、トレンド継続っていう感じになっている。

最近話題の仮想通貨で、市場構造が変わりつつあるのも影響しているのだろうか。それが、実際にどう影響しているのかということは、神のみぞ知るという感じになっているが。

ただ、言えることは「変化についていける者が生き延びることができる」ということだ。
言い換えれば、チャールズダーウィンの自然選択説のことで、強い者や偉い者が生き延びるのではなく、環境の変化についてきた者が生き残るということだ。

これからも柔軟な思考で、新しい金融商品が発生してくると思われるが、その変化についていこうと思う。

相場においては、あるがままを受け入れて、トレンドについて行くのが最強の投資方法だと私は思う。

教育

最近、特に、やばいなって思うことが

年寄で、どんな世代かというと
カセットテープ、ビデオテープ、レコード全盛期
コンピュータと言えばフロッピーディスクの世代って

かなり大変。
昔は、、、というのが口癖で
自分のルール、ポリシーがあって、社会に同化しない。
古いやり方で、生産性が低下しまくり

そういう人種が、組織を崩壊させる訳だが

当然、スマホとか、タブレットの使い方も分からず
facebook は しない、スマホは持たないというのを自慢にしている。
正直、時代の流れについていってくれればと思う。

当然、今のソフトの使い方も分からず、説明が大変。
使えない。というか、使い方がわからないのを棚に上げ
使えないのを、他人のせい。学ぼうと最初からしない。

こういう人は、やばいって思う。

基本的に、そういう時代の流れについてこない人は、ほっとくのが一番なんだが
全員の足を引っ張る羽目になったり、他人に迷惑かけまくりっていうのをいい加減に自覚しろって思う。

実は、そういうの、役所の天下りに多い。
しかも、勝手に古いルールを自分で作って、それを守らせようとする。提出はフロッピーディスクとか
今、フロッピーディスクを入手するのは、困難だろって思うが

そうやって、組織、国家は、衰退するのだろうと思う。

 

人面犬

たまに、メッセージアプリのプロフィールに、恐らく、飼っている犬の顔とか、猫の顔写真を載せている人がいるが

正直、人面犬って感じで、怖い。

本人は、自分の顔を載せるのは、余程、自信が無いからだと思うが
確かに、言えている気がする。
で、代理っていうやつで、ペットの顔写真を載せているようだ。

はっきり言って、かなりよろしくない。というか、怖い。
載せている犬を見るたびに、噛みつかれそうというか
犬が出てきたら、どうしようって思う。

このプロフィールの写真を色々見てきて、どうも、体系的な分類で、性格診断に使えるのではと思う。

まず、自分の写真を載せている人
ペットの写真、イラスト、写真という具合で、心理的要因と、信用力の関係とかデータ分析できると思う。

例えば、愛車の写真とか、物を載せているとかもたまにある。